ビジョン

“くじら”という名前をつけた理由

当事務所の名前は「くじら綜合知財事務所」としました。この”くじら”と付けた理由は、 単純に、皆さまにこの仕事をもっと身近に感じてもらいたいからです。

どうしてもイメージが堅苦しかったり、敷居が高いという方が多いため、もっと気軽に相談するようなパートナーでありたい、こんな想いから名付けました。

なぜ独立したのか?

主な動機はスタートアップを支援していきたいという強い思いです。
私は長年、主に大手企業様が顧客の特許事務所に勤務していました、そこで様々な案件に携わらせていただきましたが、書類のやり取りするだけの事務的な部分が多かったことから、もっとお客様と直接触れ合い、お話を伺い力になりたいと思うようになりました。
特に、スタートアップでは知財戦略を行う専門部署が無かったり、持っているリソースが限られていますので、大手企業のようにはいかない部分もあるかと思います。
様々な創業期の不安な状況にあるお客様と同じ目線に立ち、弁理士の立場から特許出願・特許取得後を見据えた戦略を提案し、状況に応じて的確なアドバイスを行うことで、スタートアップのお力になりたいと思い、独立をしました。

くじら綜合知財事務所にかける想い

特許出願など、ものづくりのスタートアップは創業時からいろんな留意する点があります。
最も大切なことは、お客様と同じ目線に立ち、お話を伺いながら提案をすることで、知財を利用した競争力の創造を一層高めていくことにあります。

特許出願する場合には、スタートアップが生み出した独自性の高い、価値ある情報について何を発信し、何を秘匿していくかという機密情報の取り扱い全般に深く関与し戦略的に出願を行います。また、権利取得後を見据えてサポートを惜しみなく行い、お客様に寄り添いながら成長を共にしていく所存でございます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。